ぎっくり腰の来院者さまが増えております。 疲れが取れにくいときは早目の治療をお勧めします。

おはようございます。   院長です。


先週から寒暖の差 と 気圧差が激しく

急性腰痛、ぎっくり腰の来院者さんが

多くなりつつあります。

14725733_671477909684235_6314454809274205044_n.jpg


西洋では「魔女の一撃」と言わるぎっくり腰は

生活に支障がでるほど痛みが強く、

ときに立ち上がれないほど。

14708332_671477969684229_1714523198712446302_n.jpg


脊椎筋の可緊張、交感神経亢進 など

身体機能へ影響の出やすい気象条件。


どうぞ強い痛みが出る前に早目の調整を

おすすめいたします。

13879435_671477953017564_8998194739295304953_n.jpg


疲れが取れにくい、生活やお仕事などお忙しさが

続いたときは、早目の治療をお勧めします。


ご来院おまちしております。






にほんブログ村 健康ブログ カイロプラクティックへ
記事内容が役立てたら、クリックお願いします



さくカイロプラクティック
http://www.sakuchiro.com


フェイスブック
https://www.facebook.com/sakuchiro



「ごま」は疲労回復! だるさ解消!の効果も


「ごま」は疲労回復! だるさ解消!の効果も


ごまを食べて疲労回復


慢性疲労 ・ だるさ ・ 疲れが取れない など
そんなときに「ごま」を食事に取り入れてみては
いかがでしょうか?

疲れた身体にピッタリの食材です。


疲労回復効果のある ビタミンB群
血液サラサラ効果のリノール酸、オレイン酸
その他にも鉄分、カルシウム、マグネシウム
などのミネラルが豊富!!



私は週に何回か野菜のドレッシングに足しています。

効果的なごまも成分の約半分は脂質です。
カロリーが高いので摂りすぎはご注意下さい








にほんブログ村 健康ブログ カイロプラクティックへ
記事内容が役立てたら、クリックお願いします



さくカイロプラクティック


Facebook


   

呼吸の大切さと胸椎の歪み、胸郭の関係

おはようございます。   院長です。

呼吸と胸椎の歪みの関係、大切さ。


呼吸とは

毎日当たり前のように息を吸い、吐き出す。

人間は呼吸によって酸素を取り入れ

生命活動を維持している。

背伸びと健康、センター南、都筑区


普段、無意識に行っている呼吸活動に

ほんの少し注意をしてみると

からだ全体の健康、心と脳の関係を改善できる

重要な意味があります。


健康法としての呼吸法で代表的なものは、

腹式呼吸、ヨガ、エアロビクス、気功法 など

ストレッチ 体操 都筑区 整体


創始された場所が違っても呼吸による

からだと脳(こころ)の関係に深く独自に

あみ出し、呼吸と深く結び付いていることです。


呼吸は身体へ酸素を取り入れるだけではなく

同時に精神面の安定、ストレス解消、リラックス効果など

様々な関わりがある。


呼吸に関連する慣用句に

「息を抜く」 「息が詰まる」など多くあり、

心身の健康維持のために息抜きが重要。


胸椎の歪み、胸郭の関係

胸椎の歪み、ズレの患者さんに共通することは

知らぬ間に呼吸が浅くなりがち。

深呼吸をしたときに「深く吸いづらい」という

自覚症状があると良いのですが

ほとんどの場合分からず、胸椎の矯正をしたあと

深呼吸をしてみて「深く呼吸がしやすい!」

ということに気がつくようです。


呼吸が浅くなれば、身体維持機能、肉体能力が落ち

仕事、家事、勉強、スポーツなど全てにおいて

十分な能力を発揮する事ができません。

尚かつ深呼吸をしても最良な酸素をからだへ

供給できなければ心身のリラックスはできません。


呼吸は肩こり、背部痛、腰痛にも

関連することがあります。

チョットした時間の合間にゆっくりと深呼吸を

10回行い、からだを整えてみましょう。










にほんブログ村 健康ブログ カイロプラクティックへ
記事内容が役立てたら、クリックお願いします



さくカイロプラクティック
http://www.sakuchiro.com


フェイスブック
https://www.facebook.com/sakuchiro


  

昨夜からの雪と風雨。 身体への影響出やすい天候。

こんにちは。   院長です。


12月から先週まで院内改装をはじめ

怒濤のような日々を過ごしていました。

今日は昨夜からの雪と風雨。

急激な温度変化、首、肩、腰など

みなさまのお身体は大丈夫でしょうか?


温かい室内から外に出ると

身震いがするほど寒いですね。

その瞬間、身体のなかでは

筋肉の緊張だけではなく

自律神経系の過緊張も起こるため

より身体全体の硬さを助長しがち。


予防する為には
どのようにするべきか


室内からダウンやコートなどを羽織るだけではなく

首もとにはマフラー、手には手袋など

冷気が身体に直接あたる箇所を減らす

できれば無くすことが望ましいです。


ぜひお試し下さい!








にほんブログ村 健康ブログ カイロプラクティックへ
記事内容が役立てたら、クリックお願いします



さくカイロプラクティック
http://www.sakuchiro.com


フェイスブック
https://www.facebook.com/sakuchiro


  

クーラーによる冷えからの体調不良を感じませんか? からだを整えて不具合を解消しましょう!

おはようございます。    院長です。


週末は少し気温が下がりましたが

先週の暑さは辛かったですね。


クーラーの涼しい風が心地よく感じますが

長時間は身体の冷えが体調へ影響しがち。


クーラーによる体調不良を感じる方が増加中!


気温による冷え以上にクーラーは、

からだ全体の筋肉を萎縮させてしまい

慢性的な腰痛、肩こり背中の痛みを

助長しやすくさせてしまいます。


また、自律神経のバランスを乱しやすく

させてしまうこともあり、注意が必要。


自宅ではクーラーの設定温度を

変えることができますが

職場によっては冷風を一日中あたり続けてしまう方も

いらっしゃるのではないでしょうか。

 
ブランケットなどで身体を冷やさないよう対策をしてみて

一緒に身体全体のバランスを整えて、血流と神経の流れを

改善することにより、からだ全体を冷えから守りましょう。


クーラーの注意点

冷えきった身体は筋肉の萎縮と骨格の歪みが発生してしまい

首の痛み、肩こり、腰痛、手足の冷え、むくみ、

自律神経の乱れなど感じやすくさせます。


身体の不具合を感じた時はバランスを整えて体調管理をし、

夏を乗り切るようにしてみてはいかがでしょうか。













にほんブログ村 健康ブログ カイロプラクティックへ
記事内容が役立てたら、クリックお願いします



さくカイロプラクティック
http://www.sakuchiro.com


フェイスブック
https://www.facebook.com/sakuchiro