慢性腰痛、長年の腰痛、腰の重だるさ (50代、女性)

 ◎ 症例報告 ◎
 
慢性腰痛、長年の腰痛、腰の重だるさ (50代、女性)

   youtuu01.jpg


◎ 問診
30代のころ、重い荷物を運ぶ仕事をしていたとき、ぎっくり腰
その後、数回ぎっくり腰をしたことある。

現在、慢性的な腰痛。 常に腰の重だるさ。
立っている、座っているなど同じ姿勢が20分以上続くと腰に痛みを感じ
立ち上がる時に腰が伸びにくく、伸ばすまでに5〜10秒かかる。


◎ 初診時の状態

・腰椎1番、2番、5番のズレ(サブラクセーション)による腰椎神経圧迫。
・経年の腰痛のため、全体に筋疲労性萎縮(コリより強い筋肉の硬さがある)


◎ 施術

腰椎の動作検査は右回旋と前屈に硬さと少し痛みを感じる。
サブラクセーションと同時に、周辺筋肉の萎縮が起きているのが診られました。
浅層部の筋肉だけではなく、深層部も長年の腰痛の影響で萎縮が強く
取り除くのには数回の施術が必要と、お伝えしました。


◎ 施術後の説明とアドバイス

施術後の検査は、腰の左右回旋がスムーズに回るようになり
前屈の動作制限は少し残りました。

3回目の施術後は前屈も違和感無くできるようになり、その後は来院されるごとに
生活の動作に支障がなくなりました。

現在は2週間近く間隔をあけて体調管理と再発予防を考え、来院されています。
お風呂上がりに2種類のストレッチを取り入れてもらうよう勧め
少しずつ身体の柔軟性も回復されています。







にほんブログ村 健康ブログ カイロプラクティックへ
記事内容が役立てたら、クリックお願いします



さくカイロプラクティック
http://www.ne.jp/asahi/saku/cp/


当院のフェイスブック
https://www.facebook.com/sakuchiro



腰痛、肩こり、骨盤矯正など症状の解説
http://www.sakuchiro.com/




症例報告・慢性的な肩こり、首のだるさ

症例報告・慢性の肩こり、首のだるさ
30歳代、女性


◎ 来院時、問診にて
慢性的な肩こりを仕事中に感じることが多い。
事務職にて同じ姿勢とパソコンの使用時間が長い。
常に肩こり、首のだるさを感じ、日によって強く感じることもある。


◎ 施術前の検査
・頸椎6番、7番を中心に、他所にも骨格のズレ(サブラクセーション)
・僧帽筋、肩甲拳筋、斜角筋 など、周辺筋肉の緊張性萎縮。
・頸椎のストレートネックあり。


◎ 施術
上半身を中心に筋肉の萎縮を緩和する、マニュピレーション。
肩こりの原因である、頸椎のズレをアジャストメントにて取り除き
背部から腰部へのズレも一緒に改善するよう施術しました。


◎ 予後の状況
2回目以降も同様に施術を続け、4回目の施術以降は2週間近く間隔をあけても
初診時のような首のだるさ、肩こりを感じなくなりました。

自宅でセルフケアができるように、ストレッチと柔軟体操をお伝えし
デスクワークの疲労が軽減できるように生活改善をお勧めしました。


マッサージへは何度も行かれることがあっても、変化がすくなく慢性化していた
肩こりが、骨格の歪みを取り除くことで改善され、大変に驚いたそうです。

お困りの症状は、どうぞご相談下さい。



さくカイロプラクティック


 

症例報告・慢性腰痛 と 腰のだるさ 30代、女性

◎問診

20代のころ、立ち仕事のとき、ぎっくり腰になり
その後、慢性的な腰痛になったとのこと。

現在、デスクワークをしている。勤務中、椅子から
立ち上がる時に、腰のだるさは以前からあった。

起床時、腰の重だるさ。
立っている、座っているなど同じ姿勢が
20分以上続くと、腰に鈍痛を感じる。



◎初診時の症状


・腰椎1番、2番、5番のズレ(サブラクセーション)による
腰椎神経圧迫。

・ぎっくり腰の特徴である炎症は無し。
 咳、くしゃみにて腰への痛みは無し。

・腰部全体に筋疲労性萎縮あり。



◎施術


腰椎の動作検査は左回旋と前屈に硬さと少し痛みを感じる。

サブラクセーション(ズレ)と同時に
周辺筋肉の疲労性萎縮が起きている。

浅層部の筋肉だけではなく、
深層部も長年の腰痛の影響で萎縮が強く、
取り除くのには数回の施術が必要でした。


施術後の検査では、腰の動作に痛みが
無くなった。

4回目の施術後は、日常生活の痛み
デスクワーク時の痛みも軽減した。


◎ 現在の状況

6回目以降は、2週間近く間隔をあけて体調管理と
再発予防を考え、ご来院されています。



症例報告・産後の骨盤矯正、育児中の腰痛、肩こり /都筑区、センター南、整体

◎ 当院の症例報告
産後の骨盤矯正、育児中の腰痛と肩こり
 (30代、女性)


◎ 問診

カルテを書いて頂き、現状をお聴きします

1ヶ月半前に出産。 妊娠8ヶ月目から腰痛を感じ出した。
出産後、育児と家事の疲労にて痛みが強くなり
腰の痛みだけではなく、肩こりや背中の違和感まで広がった。


◎ 初診時の症状
腰、背中、肩、首の状態を触診と動作検査にて確認

骨盤のズレあり

腰椎2番、5番のズレ(サブラクセーション)による腰椎神経圧迫

腰部周辺の筋肉の萎縮。 腸腰筋、腸骨筋にも萎縮があるために
骨盤のズレを助長している。

頸椎のズレ、周辺筋肉の萎縮により、肩こり、背中の違和感を
発生させている


◎ 施術


出産後の過労により、深層部の筋肉まで萎縮が強くなっていました。


マニュピレーションにて、全体の筋肉の緩和、
アジャストメントにてサブラクセーションによる神経圧迫を取り除く。

同時に、産後の骨盤矯正を行いました。


産後の骨盤矯正を行う時は、現状の痛み、違和感を
放置したまま、骨盤だけ調整しても、正しい状態で維持できません。

腰、骨盤まわりの環境を改善して骨盤矯正をすることにより
育児、家事の疲労にてバランスを崩してしまうことを
最小限に止めることができます。



◎ 説明とアドバイス


アジャストメントは骨盤矯正、腰椎の神経圧迫、連動してズレが発生して
しまった、胸椎、頸椎も取り除き、同時に骨盤周りと股関節の萎縮した筋肉を
緩和しました。

施術後の検査では、尾骨と股関節の痛みが軽減し開脚がしやすくなりました。
からだ全体が軽く感じ、背中、腰の可動範囲も広がりました。

現在は、お子さんをご主人に預けれる週末に1週間、間隔にて
ご来院されています。


出産後にカラダの不調を感じている、という方は
お気軽に当院へ、ご相談下さい。