カイロプラクティックの熱中症予防

前回のブログの続きになります、熱中症の基本対策は

涼しい服装、水分と塩分の補給、体調不良の日は外出を

避けるなどが有効です。


その中の体調不良には色々な意味合いがあり風邪、発熱

嘔吐、下痢などの内臓疾患から、自律神経系の不調なども

含みます。


カイロプラクティックにて改善可能な自律神経症状を

整えることにより、交感神経と副交感神経のバランスを整え

暑い時は身体から発汗し、自身でも暑いときちんと感じ取れる

からだでなければ、熱中症になりやすくなってしまいます。


自律神経のバランスが崩れている時は気温が暑いのにも関わらず

発汗しにくかったり、体温を暑いと感じとることが遅れることが

あります。


カイロプラクティックにて熱中症の予防ができることは、体調を

整え、自律神経のバランスを正しい状態に改善することです。

注意:カイロプラクティックの施術を受けていれば熱中症にならない

ということでは、ありません。

水分を摂る、涼しい服装を心がけるなど基本対策を行った上での

カイロプラクティックによる熱中症対策です。





にほんブログ村 健康ブログ カイロプラクティックへ
記事内容が役立てたら、クリックお願いします



さくカイロプラクティック
http://www.ne.jp/asahi/saku/cp/

原因を見つけ出し症状を改善する、治療を主としたカイロプラクティック院
横浜市都筑区センター南駅前。

来院患者様はセンター南センター北、仲町台、新横浜、あざみ野、横浜
都筑区、港北区、青葉区、緑区、など広域から来院されます。
適応症状やカイロ、整体に関することなど、お気軽にご相談下さい。



腰痛、肩こり、骨盤矯正など症状の解説
http://www.sakuchiro.com/

腰痛、ぎっくり腰、骨盤矯正、首、肩こり、寝違え、頭痛、慢性疲労
手足のしびれ、冷え、ストレス、自律神経失調症、生理痛、便秘、下痢
倦怠感、内蔵疾患、胃の痛み、胸やけ、食欲不振など

カイロプラクティックの適応症状とカイロプラクティックによる
症状改善の方法を、できるだけわかりやすく解説しています。


スポンサーサイト