腰痛や身体の不調なときにジョギングをすると逆効果になりがち

おはようございます。   院長です。


健康な身体作りのため、ジョギングは

素晴らしい運動の一つですが

タイミングを間違えると、逆効果になり

身体を痛めてしまうことも。
 
201505ジョギング


「ジョギングをすると逆効果な身体の状態」

 
 ・ 慢性的に腰の痛みを感じている

 ・ 1年以内にぎっくり腰をしている

 ・ 起床時から身体の倦怠感がある

 ・ 普段から運動不足が続いている

 
ジョギングをしているときの身体は

前に傾き、重心も少し前になるため

腰椎が前弯傾向になりがち。

20150528ジョギング


そのため、ステップを踏むたびに

体重の何倍もの衝撃が腰部にかかります。
 
 
上記の項目にあたる身体の状態があれば

ジョギングを中止して

先ずはストレッチ、柔軟体操をして

身体の柔軟性から回復させましょう!












にほんブログ村 健康ブログ カイロプラクティックへ
記事内容が役立てたら、クリックお願いします



さくカイロプラクティック
http://www.ne.jp/asahi/saku/cp/


当院のフェイスブック
https://www.facebook.com/sakuchiro



腰痛、肩こり、骨盤矯正など症状の解説
http://www.sakuchiro.com/ 







スポンサーサイト