当院の症例報告 ・ ぎっくり腰、急性腰痛(30代、男性)

おはようございます。   院長です。


ぎっくり腰、急性腰痛 (30代、男性)  

032678.jpg


◎ 来院者さまの体調

2週間前から仕事が忙しく、腰にだるさや張りがありつつ生活。
昨日、お子さんを持ち上げたとき腰にギクッという感覚と電気が走るような痛み。

前屈、靴下を履く、咳などで腰に強い痛みを感じて来院されました。


◎初診時の症状

・腰椎2番、4番のズレ(サブラクセーション)による腰椎神経圧迫。
・骨盤のズレ、歪みもある。
・腰部周辺筋肉の炎症があり、触診すると他所との温度の違いがある。



◎施術

動作検査は左回旋と前屈の痛みが強く。サブラクセーションと炎症が同時に
起きているのが診られました。
マニュピレーションは炎症部分の痛みに極力、圧力が掛からないよう筋肉の萎縮を
取り除くと同時に、炎症を取り除くアイスパックにて冷却。

サブラクセーションを取り除く、アジャストメントを行い、
施術後の検査では動作の痛みが半分以下に減りました。

その後、微調整をするとさらに痛みが減り
施術後の着替えは施術前に比べると相当に楽になったと
仰られていました。



◎説明

痛みが強く、痛みの戻りも早いと考え
間隔を詰めた施術をお勧めし、翌日、4日後、8日後と施術をしました。

4回目の施術時は初診時のような、動作検査での痛みは減り
日常生活の痛みは、ほぼ無くなりました。

その後は2週間近く間隔をあけ、全体のバランスを調整し
今は通常通りの生活をされています。


◎生活改善のアドバイス

職場でパソコンを1日中使用し、出張時には重い鞄とパソコンを
持ち歩くことが多い患者さんにセルフケアの一環として、
ストレッチと日常生活で気をつけることをお伝えしました。










にほんブログ村 健康ブログ カイロプラクティックへ
記事内容が役立てたら、クリックお願いします



さくカイロプラクティック
http://www.ne.jp/asahi/saku/cp/


当院のフェイスブック
https://www.facebook.com/sakuchiro



腰痛、肩こり、骨盤矯正など症状の解説
http://www.sakuchiro.com/ 





スポンサーサイト