整体とカイロプラクティックの相違点

整体とカイロプラクティックの違いを簡単に説明します。

 ◎西洋医学を基盤としアメリカで体系づけられたカイロプラクティック
 ◎東洋医学を基盤とし日本で体系づけられた整体(整体術・整体療法)

カイロプラクティックと整体の違いを述べる中で
一番重要なのは基盤となっているのが
西洋医学か東洋医学かということにあります。


カイロプラクター(カイロプラクティック施術者)は患者さんの症状の原因を見つける為に
3つの要素を用いて把握します。

 1 問診(患者さんに症状を聞く)
 2 触診・スタティックパルペーション( 手で骨格の位置を診る)
 3 動診・モーションパルペーション(患者さんの動作で症状の原因を診る)


当院は数あるカイロプラクティックテクニックの中でもアメリカで90%以上の
カイロプラクターが治療に用いるディバーシファイドテクニックを使用します。
(ディバーシファイドテクニックは古典的なカイロプラクティックテクニックで
修得するまでに長い年月と経験が必要です。 熟練した施術者のディバーシファイド
テクニックは男女、年齢、体格、関係無くあらゆる患者さんの症状に対応することが
可能になります)


整体について
Wikipedia にて整体をみると下記のように記載されています

からだ全体の骨格筋や関節の調整、歪み・ズレの矯正を手技にて施術を行うことで症状の
改善や治療する手技療法の一種。
「整体術」「整体法」「整体療法」など呼ばれることもある。

整体の起源は、日本武術の柔術、柔道、骨法等に伝わる手技療法に中国医学の手技療法や
大正時代にアメリカから日本に伝わったカイロプラクティックやオステオパシーなどの
欧米伝来の手技療法など、様々な治療法を取り入れ、独自の工夫を加え集大成したものである。

近代の整体は体のバランスや骨格筋を整え、矯正するものではなく整体術を中心に
ストレッチ療法、操体法、筋反射法など多様なスタイルを持ち合わせている。

又、施術者によってはリフレクソロジー(足裏)アロマテラピー(芳香療法)など整体術とは
違う分野を取り入れ、リラクゼーションとして整体を行う施術院が増えている。


スポンサーサイト