正しいマスクの使い方。 横浜市は風邪、インフルエンザが流行っているようです。

おはようございます。  院長です


横浜市都筑区は先月から幼稚園、小学校を中心に

風邪、インフルエンザが流行っているようですね。

来院者さんから、お子さんやご家族が

体調を崩されたという、お話しを聞くこと多くなりました。


今朝は正しいマスクの使い方を書いてみようと思います。


正しいマスクの使い方20150119


 ◎ 鼻、口、顎を覆うようにマスクを装着する

 ◎ 鼻の部分を抑えて隙間がないようにする

 ◎ 使用中、口や鼻周辺を覆うフィルター部分を
   触らないようにする

 ◎ マスクを外す時、フィルター部分の表面に
   触れないよう、ゴムひもを持ってから外す

 ◎ マスクを外した後、手洗い、うがいをする


  ーーーーーーーーーーーーーーーーーー


マスクを使用しても 100%の予防ではありませんが

感染者が装着した場合、かなりの効果があり

未感染者が装着した場合、多少の効果がある

という研究結果もあるそうです。


未感染者の効果を「多少」とかいたのは

マスク自体のウイルスをシャットアウトできるか

未知数の期待より、喉や鼻腔の粘膜の保湿と保温が

できることに注目しています。


マスクの効果は「感染者」「未感染者」が

使用しても100%ではありませんが、

感染の可能性を低くできるのは間違いありません。


また、マスクを睡眠中にすることにより

鼻、口の乾燥を防ぎ、風邪、インフルエンザの

予防になります。



マスクを使用する時には

どうぞ、参考にしてみて下さい。















にほんブログ村 健康ブログ カイロプラクティックへ
記事内容が役立てたら、クリックお願いします



さくカイロプラクティック
http://www.ne.jp/asahi/saku/cp/


当院のフェイスブック
https://www.facebook.com/sakuchiro



腰痛、肩こり、骨盤矯正など症状の解説
http://www.sakuchiro.com/ 



  

スポンサーサイト