疲労の蓄積、無理な動作から ぎっくり腰になりがち


ぎっくり腰(急性腰痛)

疲労の蓄積、普段使わない筋肉を使った動作、
瞬間的に腰椎へ圧力がかかったとき など  

ぎっくり腰の原因になりやすい。

  youtuu01.jpg
動き出す瞬間に腰が「ギクッ」と強い痛みを感じる、ぎっくり腰もあれば
朝は腰の不具合を感じつつ時間の経過と共にズキズキと強い痛みに変わり、
昼過ぎには腰が曲がるという、ぎっくり腰もあります。


また身体の状態によっては睡眠中、寝違えのように腰を痛め
ぎっくり腰になり、寝具から動けなくなるということもあります。


ぎっくり腰は疲労の蓄積や慢性腰痛の悪化が、
腰椎に強い神経圧迫を引き起こすため
普段の腰痛とは違い「腰部捻挫」
言われるような、腰に炎症を起こすことが多い。


腰の痛みがいつもと違うと感じたときは
決して温めず!
お風呂はシャワーで汗を流す程度までにしましょう。


炎症止めの冷湿布や氷で冷やすことも効果があります。


ぎっくり腰は痛めてから、できるだけ早く施術したほうが
回復は早いです。


自力で歩けないほどの痛みは施術に不向きですが
前屈、回旋の痛みがあっても自力であるけるのであれば
ご来院いただき、症状の改善をおすすめします。


ぎっくり腰、急性腰痛、慢性腰痛、股関節の痛みなど、
お気軽にご相談下さい。







にほんブログ村 健康ブログ カイロプラクティックへ
記事内容が役立てたら、クリックお願いします



さくカイロプラクティック
http://www.ne.jp/asahi/saku/cp/


当院のフェイスブック
https://www.facebook.com/sakuchiro



腰痛、肩こり、骨盤矯正など症状の解説
http://www.sakuchiro.com/ 



   
スポンサーサイト