眠りが浅かったり、不眠症、睡眠障害になりがちではありませんか?


不眠症、眠りが浅い状態は
自律神経系の不安定なときに起こりがち。



 suimin2.jpg
睡眠障害(眠れない、眠りが浅い)は睡眠時間の長さではなく
目覚めた時のだるさ、眠気、不快感などがあるか
日常生活に支障をきたしてしまう、不快感があるかを確認して
睡眠に支障がないか判断してみましょう。


◎ 原因は複数の可能性 ◎
疲労の蓄積、からだの歪み、身体の不調、環境の変化、精神的苦痛、心の病、薬の副作用など。

始めは2、3日の不眠から始まり、気がついた時には
長期化しているということが多いようです。


カイロプラクティックは不眠、睡眠傷害に良い変化をもたらす治療法。

頸椎1番から3番の後頭神経と三叉神経の圧迫するように頸椎の歪みが発生し
それに伴う周辺筋肉(頭板状筋、胸鎖乳突筋など)の過緊張が起きると
自律神経のバランスが崩れやすく、睡眠障害に繋がりがち。

骨格の歪み(特に頸椎を中心とした上半身の歪み、骨盤のズレ)を改善すると
驚くほど不眠、睡眠傷害に変化を感じやすくなります。

先ずは身体の不調を感じたときに歪みを正してみましょう。


お困りの症状は、お気軽にご相談下さい。







にほんブログ村 健康ブログ カイロプラクティックへ
記事内容が役立てたら、クリックお願いします



さくカイロプラクティック
http://www.ne.jp/asahi/saku/cp/


当院のフェイスブック
https://www.facebook.com/sakuchiro



腰痛、肩こり、骨盤矯正など症状の解説
http://www.sakuchiro.com/ 



   
スポンサーサイト