腰痛の種類・・・2

前回に続き、腰痛の種類と原因について書きます。

坐骨神経痛(足の痛み、しびれ)とは

主な症状は腰部の痛み、下肢への痛み、しびれです。下肢の痛み、しびれの強弱は

腰椎の神経圧迫の場所と圧迫の度合い周辺筋肉の萎縮の強弱によって変わります。

腰椎のズレによる神経圧迫の起こりやすい場所は下部腰椎と仙骨、骨盤。

筋肉は大殿筋、梨状筋、腓腹筋と坐骨神経の通るラインに萎縮が起こりやすいです。


坐骨神経痛は腰痛のこじれた時に起きることが多いです。

下肢にだるさ、筋肉痛などを感じ始めたときは坐骨神経痛の前兆の可能性もあります。

また、坐骨神経痛は椎間板ヘルニア、腰椎分離症、腰椎すべり症状

脊柱管狭窄症状などと併発することがありますのでご注意下さい。


カイロプラクティックによる坐骨神経痛のアプローチ

坐骨神経痛を改善させる為には、まず原因が骨格(椎骨)のズレによる神経圧迫なのか

それ以外の要素(ヘルニア、脊椎分離症、すべり症など)なのか特定します。

問診にて患者さんの現状を把握し、手による脊椎の触診、整形学的検査(動作による検査)を

おこない腰痛の原因を見つけ出し、症状にあった施術を行います。


また、患者さんの状態、内臓疾患など適応外の症状によって腰痛を発症している場合

重篤な腰椎ヘルニア、脊柱管狭窄症など手術が必要な症状の場合は整形外科や

ペインクリニックなど医療機関を、お勧めすることもあります。

原因を見つけ出し、もしカイロプラクティックが適応外と判断すれば、医療機関へ

患者さんをお勧めすることもカイロプラクターとしての使命の一つではないでしょうか。

 


にほんブログ村 健康ブログ カイロプラクティックへ
記事内容が役立てたら、クリックお願いします



さくカイロプラクティック
http://www.ne.jp/asahi/saku/cp/

原因を見つけ出し症状を改善する、治療を主としたカイロプラクティック院
横浜市都筑区、センター南駅前。

来院患者様はセンター南、センター北、仲町台、新横浜、あざみ野、横浜
都筑区、港北区、青葉区、緑区、など広域から来院されます。
適応症状やカイロ、整体に関することなど、お気軽にご相談下さい。



腰痛、肩こり、骨盤矯正など症状の解説
http://www.sakuchiro.com/

腰痛、ぎっくり腰、骨盤矯正、首、肩こり、寝違え、頭痛、慢性疲労
手足のしびれ、冷え、ストレス、自律神経失調症、生理痛、便秘、下痢
倦怠感、内蔵疾患、胃の痛み、胸やけ、食欲不振など

カイロプラクティックの適応症状とカイロプラクティックによる
症状改善の方法を、できるだけわかりやすく解説しています。




スポンサーサイト