くもり〜雪〜雨〜くもり/天候による体調不良について

昨日は今年3回目の雪が降り、とても寒い1日でした。

都筑区、センター南、天気、雪


からだの不具合を感じることないでしょうか?
天候が不安定になると、体調を崩しやすくなります。


天候による体調への影響は二つあります。

 1、気温の変化


 2、気圧の変化

  

1、気温の変化は、みなさんがイメージされているとおりに
温かい時はカラダが柔らかくなり、寒くなるとカラダが硬くなります。


2、気圧の変化が実はカラダへの影響を大きく与えます。
身体の器官は、交感神経と副交感神経の二系統(自律神経系)で
形成されています。

この自律神経系は気圧の変化に影響を受けやすいです。

その為に昨日のように雪が降る、1〜2日前から体調に不具合を
感じやすく、頭痛、倦怠感、めまい、肩こり、腰痛などが
現れやすいです。


この数日間に身体の不具合を普段以上に感じる場合は
頚椎1、2、3番にズレ、歪みの可能性があります。

首の骨は7個あり、上から数えた1、2、3番が
自律神経のON、OFFの役割をしている椎体です。


頸椎にズレや歪みが発生すると、神経伝達がうまく伝わらず
頭痛、肩こり、めまい、耳鳴り など諸症状を引き起こします。


思い当たる症状がありましたら、どうぞご連絡ください。



さくカイロプラクティック フェイスブック




 
スポンサーサイト