カラダを温める野菜。温野菜の効能。

冬の寒い時期に旬を迎える野菜は、身体をあたためる効果が
あるといわれています。

野菜、温野菜、都筑区、センター南、整体


特に旬の野菜は、一年中出回っている野菜よりも、その野菜
本来の味がしておいしいです。
そして、より多くのビタミンや栄養素を含んでいるそうです。


カラダをあたためる
、冬の野菜の一例


大根
消化酵素、ジアスターゼの働きで胃もたれを解消、
胃の粘膜を保護して免疫力をアップしてくれます。


白菜
鍋に欠かせない野菜。ビタミンCが多く、
食物繊維も豊富で整腸効果も高い。


長ねぎ
長ネギ独特の臭いはビタミンB1の吸収力を高め、
血行を促進します。 風邪の初期にはねぎが効きます。


ほうれん草
血液をつくる成分が豊富でたっぷり食べれば
貧血予防に効果あり。粘膜の強化にも欠かせません。


上記以外の「カラダをあたためる野菜

かぼちゃ・たまねぎ・にんにく・ねぎ、にんじん・ごぼう・
れんこんなどの根菜類。

発汗をうながす、スパイス類の赤唐辛子・しょうが など



野菜の効能

野菜には、さまざまな成分が含まれています。
その中でもビタミンCは、血液の構成要素である
鉄分の吸収を促進し、毛細血管の機能を保持する働きが
あるといわれています。

ビタミンEは血行をよくし、体内ホルモンの分泌を調整する
働きがあります。

これらの成分を多く含む豆類や果物、穀物なども
からだをあたためる、食べ物といえます。


これからやってくる冬本番、「カラダをあたためる野菜」を
食べて、健康に過ごしましょう。



当院のフェイスブックをはじめました。 よろしくお願いします。

さくカイロプラクティック facebook


  

スポンサーサイト