症例報告・産後の骨盤矯正、育児中の腰痛、肩こり /都筑区、センター南、整体

◎ 当院の症例報告
産後の骨盤矯正、育児中の腰痛と肩こり
 (30代、女性)


◎ 問診

カルテを書いて頂き、現状をお聴きします

1ヶ月半前に出産。 妊娠8ヶ月目から腰痛を感じ出した。
出産後、育児と家事の疲労にて痛みが強くなり
腰の痛みだけではなく、肩こりや背中の違和感まで広がった。


◎ 初診時の症状
腰、背中、肩、首の状態を触診と動作検査にて確認

骨盤のズレあり

腰椎2番、5番のズレ(サブラクセーション)による腰椎神経圧迫

腰部周辺の筋肉の萎縮。 腸腰筋、腸骨筋にも萎縮があるために
骨盤のズレを助長している。

頸椎のズレ、周辺筋肉の萎縮により、肩こり、背中の違和感を
発生させている


◎ 施術


出産後の過労により、深層部の筋肉まで萎縮が強くなっていました。


マニュピレーションにて、全体の筋肉の緩和、
アジャストメントにてサブラクセーションによる神経圧迫を取り除く。

同時に、産後の骨盤矯正を行いました。


産後の骨盤矯正を行う時は、現状の痛み、違和感を
放置したまま、骨盤だけ調整しても、正しい状態で維持できません。

腰、骨盤まわりの環境を改善して骨盤矯正をすることにより
育児、家事の疲労にてバランスを崩してしまうことを
最小限に止めることができます。



◎ 説明とアドバイス


アジャストメントは骨盤矯正、腰椎の神経圧迫、連動してズレが発生して
しまった、胸椎、頸椎も取り除き、同時に骨盤周りと股関節の萎縮した筋肉を
緩和しました。

施術後の検査では、尾骨と股関節の痛みが軽減し開脚がしやすくなりました。
からだ全体が軽く感じ、背中、腰の可動範囲も広がりました。

現在は、お子さんをご主人に預けれる週末に1週間、間隔にて
ご来院されています。


出産後にカラダの不調を感じている、という方は
お気軽に当院へ、ご相談下さい。

スポンサーサイト