症例報告:ぎっくり腰(40代、男性) / 都筑区、整体、カイロプラクティック

前回まで数回に分けて、ぎっくり腰(急性腰痛)について書きました。
今回は、ぎっくり腰で来院された患者さんの症状の変化に
ついて症例報告をしたいと思います。


         ぎっくり腰、整体、都筑区、センター南


症例報告:ぎっくり腰 (40代、男性)


◎問診
2週間前から仕事が忙しく、腰にだるさや張りを感じていたとのこと。

一昨日、お子さんを持ち上げようとした時、腰にギクッという感覚と
電気が走るような痛み。
昨日からは前屈、ズボンを履く、咳などで腰に強い痛みを感じる。



◎初診時の症状

・腰椎2番、4番のズレ(サブラクセーション)による腰椎神経圧迫。
・骨盤のズレ、歪みもある。
・腰部周辺筋肉の炎症があり、触診すると他所との温度の違いを感じる



◎施術

動作検査は左回旋と前屈の痛みが強く、サブラクセーションと
炎症が同時に起きていました。

マニュピレーションは炎症部分の痛みに極力、圧力が掛からないよう
筋肉の萎縮を取り除くと同時に、炎症を取り除くアイスパックを行う。


サブラクセーションを取り除く、アジャストメントを行い施術後の
検査では、動作の痛みが半分以下に減った。

微調整を行い、さらに痛みが減り、動作の範囲も広がり
施術後の着替えは、施術前に比べると相当に楽になったとのこと。



◎説明
間隔を詰めた施術をお勧めし、翌日、4日後、8日後と施術をしました。
4回目の施術時は初診時のような、動作検査での痛みは減り、日常生活の痛みは
ほぼ無くなりました。
その後は2週間近く間隔をあけ、全体のバランスを調整し、今は通常通りの生活を
されています。



◎生活改善のアドバイス
職場ではパソコンを1日中使用し、出張時には重い鞄とパソコンを
持ち歩くことが多い患者さんには、職場で出来るストレッチと
セルフケアの一環として、日常生活で気をつけることをお勧めしました。

今では、以前のような出張後に感じる腰、背中のだるさを
感じずに生活ができているそうです。








にほんブログ村 健康ブログ カイロプラクティックへ
記事内容が役立てたら、クリックお願いします



さくカイロプラクティック
http://www.ne.jp/asahi/saku/cp/

原因を見つけ出し症状を改善する、治療を主としたカイロプラクティック院
横浜市都筑区、センター南駅前。

来院患者様はセンター南、センター北、仲町台、新横浜、あざみ野、横浜
都筑区、港北区、青葉区、緑区、など広域から来院されます。
適応症状やカイロ、整体に関することなど、お気軽にご相談下さい。



腰痛、肩こり、骨盤矯正など症状の解説
http://www.sakuchiro.com/

腰痛、ぎっくり腰、骨盤矯正、首、肩こり、寝違え、頭痛、慢性疲労
手足のしびれ、冷え、ストレス、自律神経失調症、生理痛、便秘、下痢
倦怠感、内蔵疾患、胃の痛み、胸やけ、食欲不振など

カイロプラクティックの適応症状とカイロプラクティックによる
症状改善の方法を、できるだけわかりやすく解説しています。



当院スタッフのブログ
「カイロプラクティックって何だろう?・・・そうなんだ!!」

http://ameblo.jp/sakuchiro26/

カイロプラクティックについての疑問、適応症状、
症例報告をはじめ、身体に関すること、日々のつぶやきなど、
様々なテーマで書いています。よろしくお願いします。





  


スポンサーサイト