ぎっくり腰を起こさない為には・・/横浜市都筑区、腰痛、整体、カイロプラクティック

欧米ではその病態からぎっくり腰を「魔女の一撃」と呼ぶそうです。

 ぎっくり腰、センター南、都筑区、整体
 

名前だけ聞くと
ぎっくり腰」より「魔女の一撃」のほうが、カラダに悪そうな
雰囲気を感じるのは、私だけでしょうか、、、。


呼び名が変わっても生活に支障が出るほどの腰痛ということに
変わりはありません。



  ◎ ぎっくり腰を起こさない為のポイント ◎

     ぎっくり腰のポイント
  


1、疲労の蓄積に気をつける
(疲労の蓄積はぎっくり腰だけではなく、諸症状の原因になりやすいです)

2、柔軟体操、ストレッチを心がける
(お風呂上がり、もしくは就寝前が効果的です)

3、40~50分以上の座りっぱなし、立ちっぱなしを避ける
(同じ姿勢を長時間続けると、首、肩、腰の負担が強くなります)
(休憩を入れながら仕事をする) ←←とても重要です!!


ストレッチをして翌日、同じような疲労感や腰に違和感を感じるときは、
腰部の筋肉疲労だけではなく、骨盤、腰椎にズレが発生し、
神経圧迫を起こしている可能性が高いです。

腰の疲労感、違和感を感じながら仕事や家事をすると、
ぎっくり腰になる可能性があります。


ストレッチをして翌日、起床時に違和感が残るようであれば、
カイロプラクティックにて調整することをお勧めします。








にほんブログ村 健康ブログ カイロプラクティックへ
記事内容が役立てたら、クリックお願いします



さくカイロプラクティック
http://www.ne.jp/asahi/saku/cp/

原因を見つけ出し症状を改善する、治療を主としたカイロプラクティック院
横浜市都筑区、センター南駅前。

来院患者様はセンター南、センター北、仲町台、新横浜、あざみ野、横浜
都筑区、港北区、青葉区、緑区、など広域から来院されます。
適応症状やカイロ、整体に関することなど、お気軽にご相談下さい。



腰痛、肩こり、骨盤矯正など症状の解説
http://www.sakuchiro.com/

腰痛、ぎっくり腰、骨盤矯正、首、肩こり、寝違え、頭痛、慢性疲労
手足のしびれ、冷え、ストレス、自律神経失調症、生理痛、便秘、下痢
倦怠感、内蔵疾患、胃の痛み、胸やけ、食欲不振など

カイロプラクティックの適応症状とカイロプラクティックによる
症状改善の方法を、できるだけわかりやすく解説しています。



当院スタッフのブログ
「カイロプラクティックって何だろう?・・・そうなんだ!!」

http://ameblo.jp/sakuchiro26/

カイロプラクティックについての疑問、適応症状、
症例報告をはじめ、身体に関すること、日々のつぶやきなど、
様々なテーマで書いています。よろしくお願いします。





  

スポンサーサイト