症例報告  慢性腰痛 3か月前から普段以上に痛みが強くなり生活に苦痛あり

慢性腰痛、 (50代 男性)
3ヶ月前から普段以上に強い痛み


  illust3010.png


◎来院者様の体調
1年前から慢性的な腰痛。
来院される3ヶ月程前から痛みが強くなり、
病院でレントゲンとMRIを撮ったが特に問題ないと診断された。
   
長時間立ち続けたり、歩くと痛みが特に強くなる。
一昨日、徹夜で仕事をしたところ、昨日から座っているだけでも痛みがあり
腰が痛むと右足全体にしびれが広がるようになった。


◎初診時の症状   
・骨盤の歪み(仙腸関節)
・腰椎  2番、3番、4番の椎体不整列(サブラクセーション)
・胸椎  9番、10番の椎体不整列(サブラクセーション)
・頸椎  6番、7番の椎体不整列(サブラクセーション)


◎施術
  
動作検査
腰部後屈、腰仙部に痛みを感じる。
腰部右回旋、右腰部へ硬さと痛みを感じる。

治療
体幹マニュピレーションにて腰部から背部まで全体の過緊張を緩和。
腰部に関連する大腿部と前脛骨筋も弛めました。
脊椎アジャストメントにてサブラクセーションを取り除き、
  
関節モビリゼーションにて腰部の回旋、前後屈を修正するように
股関節関連筋、靭帯の緩和操作。
大腰筋、腸骨筋へモビリゼーションを行いました。

治療後
腰の痛みが軽減し、身体の回旋、前後屈も柔軟性が上がりました。


◎説明・アドバイス
全体の過緊張と歪みが強く、不具合の戻りやすさが考えられたため、
間隔を詰めた施術をお勧めしました。
3〜4日ごとに施術を行い、4回目の施術後は日常生活の痛みが
ほぼ無く過ごしていただけました。
現在は月に1、2回メンテナンスのためにご来院されており、
日常生活ではほとんど腰痛を気にせず生活されています。


お辛さのご症状は
お気軽にどうぞご相談ください。







にほんブログ村 健康ブログ カイロプラクティックへ
記事内容が役立てたら、クリックお願いします



さくカイロプラクティック


Facebook


   
スポンサーサイト