院長の修業時代から、開業までの道のり いつもご来院ありがとうございます。

こんにちは。  院長です。


久しぶりのブログ更新ですね〜

先週からビッチリと予定が詰まり

帰宅して寝る、起きて治療院へ

そんな毎日を過ごしてます。


多くの来院者さまから支持していただき

とても有り難い気持ちでいっぱいです。


そんな当院も開業時は閑古鳥が居座って

いるのではないかと思うほどヒマ((笑

ときどき来院者さまから

開業時の話しを聞かれまして

お答えすると「ウッソーー!」と言われますが

本当に本当のことです(´0`)


開業時の話し

2003年 4月、派手な広告や大きな告知をせず

ごく親しい友人3人に「4月から開業します」と

伝えスローなスタート。


友人が友人を紹介、その方がさらに紹介

そして紹介から紹介へと続き

今、現在に至ります。


なぜ、そんな無謀な開業方法をとったのか。

日本カイロプラクティックセンター藤沢にて

6年修行し、他の人が持ち得ない

ディバーシファイドテクニックが自分にはあると

自信(今、考えると無謀とも思える過信)があり

経営とは無縁の開業方法をしてしまいました。


これから開業を目指す、学生さんが読んでいたら

絶対にマネをしないほうが良いと思います((笑




恩師について

とても厳しい指導にて多くの弟子を全国へ送り出した

副島博嘉先生は、人間的に素晴らしい恩師。

今があるのは、あのときの厳しい毎日が

あったからだと思います。


副島先生にカイロプラクティックテクニックだけではなく

治療者としての心構え、人間性(これが一番大事)

来院者さまとの人間関係

日々のこころの持ちかた

その他も多くのことを伝えていただきました。


また、日本カイロプラクティックセンター藤沢は

色々な協会の役員のみなさま、業界の内情など

絶対に他の治療院では知り得ないことがあり

あの時代のカイロプラクティック業界の

台風の目の中にいたと言っても過言ではない

激動の嵐を間近で感じつつ修行に取り組んでいました。



当院へご来院されるみなさまへ

私が施術に使用するディバーシファイドテクニックは

カイロプラクティックの歴史 130年の中で

一番古いテクニックです。

古典的なこのテクニックは長い訓練と習得期間を必要とし

今となっては使う人が少なくなっている技術の一つです。


ラーメンで言えば「昔ながらの醤油ラーメンのように」

王道であり正攻法というべきところでしょう。


これからもみなさまの体調を整えられるよう

日々、修練と施術に取り組みたいと思います。

どうぞよろしくお願いいたします。










にほんブログ村 健康ブログ カイロプラクティックへ
記事内容が役立てたら、クリックお願いします



さくカイロプラクティック
http://www.sakuchiro.com


フェイスブック
https://www.facebook.com/sakuchiro


  
スポンサーサイト