ぎっくり腰にならないための予防。

おはようございます。  院長です


もうすぐゴールデンウィーク!

早い方は昨日の土曜日から大型連休に

入っているという話しも聞きます。

車の運転


連休を楽しく過ごすために!

ぎっくり腰にならないための予防。


1、疲労の蓄積に気をつける
(疲労の蓄積は諸症状の原因になりがち)

2、柔軟体操、ストレッチを心がける
(お風呂上がりが、就寝前が効果的)

3、座りっぱなし、立ちっぱなしを避ける
(40~50分に一回、休憩を入れましょう)



背伸びのストレッチ


お風呂上がりに2〜3種類ストレッチをして

翌日、腰部周辺に同じような疲労感や違和感を

感じるときは、腰部の筋肉疲労だけではなく

骨盤、腰椎にズレが発生し、

神経圧迫を起こしている可能性があり。


腰の疲労感、違和感を感じながら生活をすると

ぎっくり腰になる可能性があります。


ストレッチをしても違和感が残るようであれば、

カイロプラクティックにて、からだ全体の調整を

お勧めします。














にほんブログ村 健康ブログ カイロプラクティックへ
記事内容が役立てたら、クリックお願いします



さくカイロプラクティック
http://www.ne.jp/asahi/saku/cp/


当院のフェイスブック
https://www.facebook.com/sakuchiro



腰痛、肩こり、骨盤矯正など症状の解説
http://www.sakuchiro.com/ 



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。