頭痛、めまい、不眠などは上部頸椎の歪みから起こりやすいです

頸椎は7個の椎体で形成してます。

その中でも上部頸椎と言われる頸椎1番~3番は後頭神経、三叉神経
神経圧迫を起こすため、下記のような症状が起こりやすくなります。

頭痛、めまい、不眠、吐き気、睡眠障害、立ちくらみ、耳鳴り、顔面神経麻痺
眼精疲労、顎関節症など。  耳下から目もと、頭頂部への違和感。


 頭痛、めまい、不眠など 頸椎の影響

頭痛、めまい、不眠、耳鳴りなどの症状で病院へ受診し「異常なし」と診断を受け
辛い症状をあきらめてしまっていませんか?

症状の原因は骨格の歪みからの可能性もあります

当院は頸椎の歪みを正し、同時に脊柱起立筋郡、頭板状筋、頚板状筋など頸椎周辺の
筋肉を弛めることで症状の改善と再発しないように施術しております。


お困りの症状は、お気軽にご相談下さい。






にほんブログ村 健康ブログ カイロプラクティックへ
記事内容が役立てたら、クリックお願いします



さくカイロプラクティック
http://www.ne.jp/asahi/saku/cp/


当院のフェイスブック
https://www.facebook.com/sakuchiro



腰痛、肩こり、骨盤矯正など症状の解説
http://www.sakuchiro.com/




スポンサーサイト