ぎっくり腰の予防方法 /センター南、整体

ぎっくり腰を欧米では病態から「魔女の一撃」と呼ぶそうです。

        ぎっくり腰、整体、都筑区、センター南


名前だけ聞くと「ぎっくり腰」より「魔女の一撃」のほうが、
カラダに悪そうな雰囲気を感じるのは私だけでしょうか。


呼び名が変わっても生活に支障が出るほどの腰痛
ということに変わりはありません。

ぎっくり腰になったら・・・の前に、
ならないようにするために、予防を行いましょう。


1、疲労の蓄積に気をつける(疲労の蓄積は諸症状の原因になりやすいです)

2、柔軟体操、ストレッチを心がける(お風呂上がりが、就寝前が効果的です)

3、40~50分以上の座りっぱなし、立ちっぱなしを避ける(休憩を入れながら仕事をする)


ストレッチをして翌日、同じような疲労感や腰に違和感を感じるときは、
腰部の筋肉疲労だけではなく、骨盤、腰椎にズレが発生し、
神経圧迫を起こしている可能性が高いです。

腰の疲労感、違和感を感じながら仕事や家事をすると、
ぎっくり腰になる可能性があります。


ストレッチをして翌日、起床時に違和感が残るようであれば、
カイロプラクティックにて、からだ全体の調整をお勧めします。


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。