インフルエンザと風邪の猛威

1月中旬あたりから徐々に増え始めたインフルエンザ患者数が

2月上旬から爆発的に増え、先週末にやっと前週より

患者数が減少したとの発表がありました。

それでも尚、感染者数が多いのは変わりません。


現段階では、いわゆるA型(香港A型(H3N2型))が主流で

前回大きな問題となった新型(H1N1型)はまだほとんどみられ

ないようです。

B型患者は一部とのことですが、地域によっては増加している

ところもあるようです。


インフルエンザの潜伏期間は1~3日とされています。

3日前までに家族、職場、学校などで接触した人が発症したら

自分も感染を疑う必要があります。

自分にも感染が怪しいと思った場合は、症状が出ていなくても

うがい、手洗い、保温、加湿、睡眠、ビタミンCの摂取などを

いつも以上にこころがけ、マスクを着用し他者への接触も

可能なかぎり避けることが感染拡大を予防できる手段では

ないでしょうか。


現在、主流のA香港型のインフルエンザの主立った症状は

下記のように発症することが多いようです。


 1・熱があまり高く上がらないことがある。
 
 2・高熱のあと、すぐに37度台になるがウイルスは
   その後、3~4日潜伏してます。

 3・嘔吐、下痢を伴うこともある。

 4・関節痛、筋肉痛が強くないことがある。


今年のインフルエンザは例年の特有症状とは異なる点があり

注意と見極めが難しいようです。 

どうぞ、ご注意下さい。



にほんブログ村 健康ブログ カイロプラクティックへ
記事内容が役立てたら、クリックお願いします



さくカイロプラクティック
http://www.ne.jp/asahi/saku/cp/

原因を見つけ出し症状を改善する、治療を主としたカイロプラクティック院
横浜市都筑区、センター南駅前。

来院患者様はセンター南、センター北、仲町台、新横浜、あざみ野、横浜
都筑区、港北区、青葉区、緑区、など広域から来院されます。
適応症状やカイロ、整体に関することなど、お気軽にご相談下さい。



腰痛、肩こり、骨盤矯正など症状の解説
http://www.sakuchiro.com/

腰痛、ぎっくり腰、骨盤矯正、首、肩こり、寝違え、頭痛、慢性疲労
手足のしびれ、冷え、ストレス、自律神経失調症、生理痛、便秘、下痢
倦怠感、内蔵疾患、胃の痛み、胸やけ、食欲不振など

カイロプラクティックの適応症状とカイロプラクティックによる
症状改善の方法を、できるだけわかりやすく解説しています。










スポンサーサイト