骨格のズレ・歪みは、なぜ起こるのか

骨格のズレ・歪みは、なぜ起こるのか?
 
人類が二足歩行になり、直立姿勢へ変化してから人間は脊椎・骨格の構造上、日々、歪みとズレを
繰り返しそれを自らの自然治癒力で歪みとズレを回復し補い生活しています。

骨格のズレは生活環境から起こることが多いです。過労、寝不足、ストレス、暴飲暴食
運動不足などから脊椎を支えている骨格筋(脊柱起立筋群など)が疲労し緊張状態(硬さ・コリ)
骨格のズレや歪みを発生させます。

自らの自然治癒力で骨格の歪みが回復するというのは、良い睡眠や休息を取ることにより自分本来の
骨格状態へ戻ろうとします。
仕事・運動など体を使った疲労が重なり、良い睡眠・休息などで回復させることが出来ずに骨格の
バランスが崩れた状態が続くと様々な症状となります。


カイロプラクティックにおける骨格のズレ・歪みへのアプローチ

脊椎と骨盤における構造的なズレが神経伝達の障害となり痛み、しびれなどを感じます。
同時に筋肉組織や内臓器にも影響を及ぼし様々な症状を引き起こすのです。
 
カイロプラクティック療法は脊椎がどのようなズレや歪みを引き起こしているか原因を見つけ出し
手技により脊椎、骨盤を矯正し症状を改善させます。
骨格の矯正と共に筋肉や靭帯など軟部組織を一緒に調整することで神経圧迫を取り除き、痛みや症状を
改善し慢性化しないようにする療法です。

 
スポンサーサイト