122年前の今日、カイロプラクティックが誕生

こんにちは。 院長 作田 優 です。

122年前の 今日9月 18日 は
カイロプラクティックの創始者
D.D.パーマー(D.D.Palmer)が




初めてアジャストメントを用いて
患者さんの治療を行った日です。
 



カイロプラクティックは
手技によって脊椎を中心とした
筋骨格系の構造的障害、神経系の機能異常を
治療、予防、健康全般に関する専門職。

私がみなさまの脊椎を診るのは
椎体の生理学的変化が起こす神経系への
影響を手技によって取り除き、
身体を健康な状態へと施しています。

12122955_762946517149243_433391795626539490_n.jpg


10月はカイロプラクティックセミナーへ
出席のため土日に休診を頂く日がございます

身体の生体力学、解剖学をはじめ
バイオメカニクスをさらに深く知り
より良い施術とみなさまの健康の
バックアップができるように精進します!

今後とも
さくカイロプラクティック
よろしくお願いいたします。
 
 
 
さくカイロプラクティック
045-942-5080(予約制)
http://sakuchiro.com
スポンサーサイト

ラグビー選手、経験者のアスリートケア

◎ 院長自身が選手時代に体感したこと

タックル、スクラムなどフルタイムに生身のからだが
ぶつかり合うラグビーというスポーツは
他の球技には考えられないような
身体の箇所を痛めることがありがち。
 
r20170721a.jpg

 
1993年 大学選手権決勝 道都大学 対 北海道大学
優勝後、喜びのジャンプをする院長(ジャンプをしている右側)
  
  

 ◎ なぜカイロプラクティックケアが必要か

脳から抹消までをつなぐ重要な身体の器官である
脊髄神経を鎧のように保護するのが脊柱(椎体)の役割。
各椎体に関節機能障害を引き起こすことにより神経伝達を阻害し
首、肩、背中、腰、四肢関節に不具合や運動パフォーマンスを
下げる要因になる。
  
r20170721b.jpg

 
  
  
 ◎ ラグビーのコンタクトは1トンの圧力
 
タックル、スクラムなどコンタクト時にかかる
身体への圧力は1トン近くになり、
その衝撃が筋骨格系、神経系に及ぼす影響は多大。
院長自身がラグビー選手だったからこそ
練習中、試合時にはどのような身体の動きをして
負担がかかりやすいかを熟知。
 

r20170721c.jpg
 
  
  
  
 ◎ 過去にラグビーを経験されている方
 
デスクワーク、通勤など同じ姿勢が続くと
腰、肩、首に痛みやだるさなどを
感じることありませんか?
筋骨格系、神経系から見直して、
より良い生活を体感してみませんか。
 

r20170721d.jpg
 
 
 
 
どうぞお気軽にご相談ください。








さくカイロプラクティック
http://www.sakuchiro.com


フェイスブック
https://www.facebook.com/sakuchiro









豊洲カイロプラクティック 伊藤先生 来院

こんにちは。   院長です。
 
 
豊洲カイロプラクティック 
院長 伊藤 先生 が来院。

メッチャメチャ!
ナイスガイ! という表現が
適切な先生。

言い方が昭和の匂い
プンプンにぶちかまし!
 
p20170316a.jpg


伊藤先生は私が受講している
カイロプラクティック教育プログラムを
2014年から受講し、3年間の受講が終了。

先月、WHО認定カイロプラクター試験も
合格されました。
本当におめでとうございます!
 

私は1年目が終了し、あと2年。
伊藤先生には勉強のアドバイスや苦労、
身についた知識をどのように
患者様へ活かし、
カイロプラクティックの安全性を含めて
みなさまへ知ってもらうべきかを
話し合いました。

とても勉強熱心であり
治療、スタッフ育成、経営など
地に足のついた考えを持った
素晴らしい先生。

 
これからもお互い切磋琢磨し
より良い治療が施せるように
がんばります!

カイロプラクターの先生方と
話すのはとても楽しい時間。




にほんブログ村 健康ブログ カイロプラクティックへ
記事内容が役立てたら、クリックお願いします



さくカイロプラクティック
http://www.sakuchiro.com


フェイスブック
https://www.facebook.com/sakuchiro




カイロプラクティックは人間の持っている「自然治癒力」へ働きかける治療法

こんにちは。    院長です。

カイロプラクティックは薬物や手術などに頼らず
本来、人間の持っている「自然治癒力」へ働きかけ
諸症状を改善へと促す、治療法です。

人の身体は指に切り傷を作っても、風邪をひいたりしても
自然に回復します。
それこそが人間本来がもっている「自然治癒力」といわれる
能力なのです。

しかしながら体調が悪くなったり、病気にかかったりすると
脳から身体全体の細胞へと結ぶ神経系が十分に機能しないため
回復能力を減少させ、症状の改善を遅らせるか
症状をこじらせてしまいます。


カイロプラクティックが根底に考える
「自分の身体は自分で治す能力を持っている」という独自性の
考えこそが、130年もの間に先人から引き継がれてきた
偉大な知識とも言えます。


カイロプラクティックが捉える神経系機能の改善を
行うための脊椎マニュピレーション、アジャストメントこそ
人間、本来持っている「自然治癒力」を回復させる
方法なのです。

お困りの症状はどんなことでも
どうぞご相談ください。

にほんブログ村 健康ブログ カイロプラクティックへ
記事内容が役立てたら、クリックお願いします さくカイロプラクティック http://www.sakuchiro.com フェイスブック https://www.facebook.com/sakuchiro

ぎっくり腰、寝違え、背部痛に伴う「炎症」とは

ぎっくり腰、寝違え、急な背部痛などの症状には
患部に熱感をもった「炎症」を伴います。

ぎっくり腰にならないために 都筑区


この「炎症」とは何でしょうか?

ばい菌やウイルス感染症から起こったものではなく
「筋肉組織の顕微鏡的な損傷」が起きた状態を指します。


患部周辺の筋肉組織の血管(毛細管)に、
組織液が滲出(しんしゅつ)させて顕微鏡的な出血が起こり、
組織液が貯留することにより、腫脹(しゅちょう)
すなわち患部が腫れる。


顕微鏡的な出血とは、外部からみて出血があるわけでなく
打撲時のたんこぶや足首の捻挫のように患部が腫れた状態
ということです。

腫れた患部は氷やアイスノンなどで冷やすと腫れが引きやすいです。

いつもと痛みが違う、強い痛みを感じた時は
決して温めないで下さい。

お風呂は汗を流す程度のシャワーに抑え、飲酒、運動は控えましょう。

炎症をこじらせてしまうと症状の回復が悪くなりがちです。








にほんブログ村 健康ブログ カイロプラクティックへ
記事内容が役立てたら、クリックお願いします



さくカイロプラクティック
http://www.sakuchiro.com


フェイスブック
https://www.facebook.com/sakuchiro